運動療法などで患者の身体機能を回復させ、社会復帰を助ける

理学療法士

  • 医療・福祉で働く
  • 専門技術を取得
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

理学療法士とは、厚生労働省が試験をおこなう国家資格(業務独占資格)で、理学療法をおこなうために必要です。理学療法とは、運動療法を用いて筋力や関節の機能を高めたり、温熱、光線、超音波、水、電気などの刺激を加える物理療法で疼痛をやわらげたり、循環を良くしたりするものです。また、社会生活を送る上で不利な要素を少なくするために、福祉用具の選定や住宅改修・環境調整などのアドバイスをする仕事も含まれます。医師や他の医療スタッフと協力しながら、障害をもつ人の身体機能の回復や、日常生活動作(ADL:Activities of Day Living) の維持に努めます。
英語では、フィジカルセラピスト(Physical Therapist)といい、一般的にその頭文字をとってPTと呼ばれます。

職場・収入

医療機関やリハビリテーションセンターなどが主な職場です。障害者の施設に勤務する理学療法士もいます。また、介護保険制度が始まってからは、高齢者の訪問リハビリや通所リハビリの分野でも理学療法士のニーズが高まっています

将来性

世界一高齢化が進んでいると言われる日本において、高齢者を対象にしたリハビリテーションの専門家のニーズは高まる一方です。介護予防と健康長寿の見地からも、理学療法士の活躍が期待されています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴の条件などがあります。

学校・養成機関
文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設で3年以上所定の科目を修めること。

また、外国での免許を持っている場合などにも受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と口述試験および実技試験がおこなわれます。

【筆記試験】
一般問題:解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法
実地問題:運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法
【口述試験および実技試験】
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(含:人間発達学)、理学療法(実地問題に代わりに点字試験受験者に対しておこなう)

費用

受験手数料:10,100円

受験地

【筆記試験】
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県 
【口述試験および実技試験】
東京都

難易度

2017年におこなわれた第52回試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 13,719名、合格者数 12,388名、合格率 90.3%

スケジュール

年1回。
受付期間:12月中旬〜1月上旬、試験:2月下旬〜3月上旬、合格発表:3月下旬

お問い合わせ

◎厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◎職能団体
公益社団法人 日本理学療法士協会
〒151−0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3−8−5 日本理学療法士会館
TEL:03−5414−7911
http://www.japanpt.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR