心肺停止状態の急患を救うために「特定医療行為」をおこなえる

救急救命士

  • キャリアアップに有利
  • 社会に貢献
  • これから有望

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

救急救命士は、財団法人 日本救急医療財団が試験をおこなう国家資格(業務独占資格)です。救急救命士は、かつては医師以外には禁止されていた医療行為のうち、救命処置に役立つ「特定医療行為」を認められています。
急病や事故で心肺停止状態に陥った人の救命率や社会復帰率を高めるには、病院に搬送する前の一次救命措置が不可欠です。救急車で急患を搬送する間、病院にいる医師と電話で緊密な連絡を取りながら指示を仰ぎ、「特定医療行為」(輸血や器具を使った気道確保など)をおこなって患者の命を救います。

職場・収入

救急救命士の主な職場は、消防庁(署)です。そのため、地方公務員試験に合格も視野に入れることになります。収入や待遇は地方公務員のものとなります。
ごくまれに民間企業などが民間救命の仕事をしている場合、勤務先となるケースがありますが、数としてはほとんどないといっていいようです。

将来性

救急救命士は、全国の消防機関に配置される救急隊の救急車に、常時最低1人を乗車させることを目標に、育成がおこなわれています。救急救命士が活躍するための専門の設備を備えた救急車を高規格救急車といい、普及が進んでいます。なお、資格制定後、救急救命士の活躍 により、急患の救命率は飛躍的に向上したといわれています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴、一定の業務経験と学歴の条件などがあります。

学校・養成機関

・大学入学資格があり、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所で2年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。
・大学・高等専門学校・養成所などで2年以上(高等専門学校でが4年以上)必要な科目を習得し、所定の科目を修了し、さらに救急救命士養成所で1年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。
業務経験
所定の救急業務に関する講習を修了し、5年以上救急業務の経験があり、さらに救急救命士養成所で1年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。ただし、大学入学資格も必要。

また、外国での免許を持っている場合などにも受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目:基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む)、臨床救急医学総論 臨床救急医学各論(一)〜(三)

費用

受験手数料:30,300円

受験地

北海道、東京都、愛知県、大阪府、福岡県

難易度

2016年に実施された第39回試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 2,871名、合格者数 2,471名、合格率 86.1%

スケジュール

年1回。
試験:3月中旬、合格発表:4月上旬

お問い合わせ

◎財団法人 日本救急医療財団 
〒113−0034 東京都文京区湯島3−37−4 CIC湯島ビル7F
TEL:03−3835−0099
URL:http://www.qqzaidan.jp/

◎厚生労働省の資格・試験情報
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/


TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR