地域、学校、産業の現場で病気の予防や健康増進に努める

保健師

  • キャリアアップに有利
  • 医療・福祉で働く
  • 社会に貢献

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

厚生労働省が試験をおこなう国家資格(名称独占資格)です。仕事としては、地域、学校、産業の現場で、看護・医療と公衆衛生の知識などを生かし、病気の予防や健康の増進のために保健活動に取り組みます。1人ひとりの健康相談に応じることはもちろん、地域、学校、企業など、より広い視野から組織全体の健康増進と疾病予防に務めます。地域においては、行政のサービスが届きにくい妊婦、乳幼児、一人暮らしの障害者やお年寄りに対する活動が重要になってきます。戸別に家庭を訪問して相談に応じることもあります。
なお、保健師は女性が多いのですが、男性の保健師もゆっくりと増えつつあります。

職場・収入

地方公務員として保健所や保健センターなどに勤務するほか、学校に勤務する保健師や、企業の健康管理室で従業員の健康診断や相談業務を担当する保健師もいます。また、高齢者施設に勤務して入居者の健康管理を担当する保健師や、在宅で過ごす高齢者のための訪問看護をする保健師もいます。
総合病院の中には、入院患者が退院後に自宅療養やリハビリをスムーズに進められるように、地域連携医療室といった専門部署を設け、担当の保健師が相談業務や地域の各機関への橋渡しをおこなう例もあります。

将来性

増え続ける国民医療費の負担を軽減するためにも、生活習慣病をはじめとする病気の予防が急務となっています。特定健康診査(いわゆるメタボ健診)・特定保健指導など生活習慣病とその予防のほか、超高齢化社会を迎えたわが国にとって、介護予防も重要なテーマとなっています。また、戸別訪問事業においても、もう門者として保健師の役割が重視されています。健康診断や健康相談業務に携わる保健師の仕事は、ますます重要となるといえるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の養成機関で決められた課程を修了、という学歴の条件があります。

学校・養成機関
文部科学大臣の指定した学校で1年以上所定の学科を修了、厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業(見込みを含む)。

このほかに外国での免許を持っている場合なども受験が可能です。詳細は、公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目:公衆衛生看護学、疫学、保健統計学、保健医療福祉行政論

費用

受験手数料:5,400円

受験地

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

難易度

2016年度に実施した第102回試験の結果は、以下のとおりです。
受験者数 8,799名、合格者数 7,901名、合格率 89.8%
(うち新卒者)受験者数 8,295、合格者数 7,684名、合格率 92.6%

スケジュール

年1回
受付期間:11月下旬〜12月中旬、試験:2月中旬、合格発表:3月下旬

お問い合わせ

◎厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◎職能団体
公益社団法人 日本看護協会
〒150−0001 東京都渋谷区神宮前5−8−2
TEL:03−5778−8831
URL:http://www.nurse.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR