新たな生命の誕生に立ち会う母子保健のスペシャリスト

助産師

  • 医療・福祉で働く
  • 就職・転職に有利
  • 社会に貢献

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

助産師は、厚生労働省が試験をおこなう国家資格(名称独占資格)です。役割としては、妊娠中のケアから分娩の介助、さらに出産後は家庭を訪問して赤ちゃんの健康状態を確認し(新生児訪問)、家族に具体的な育児の方法などをアドバイスします。正常な妊娠・分娩・産褥(母体が妊娠前の状態に回復するまで)であれば、助産師の責任で母子の健康診査や出産の介助をおこなうことができます。

職場・収入

助産師の多くは病院や診療所に勤務しています。中には産婦人科の医師の診察と並行して、助産師が自分の責任で健康診断や保健指導をおこなう「助産師外来」を設けている病院もあります。そのほか、地域で助産所を開業したり、またはそこに勤務する人もいます。また、地方公務員試験を受けて採用され、保健所で母子保健を担当する人や、助産師学校・大学で教える人もいます。
なお、看護師資格を取得してからそのまま助産師の資格を取得する場合と、看護師として経験を積んだのち、改めて試験を受ける場合があるようです。

将来性

産科医の不足や、自然なお産を望む妊婦が増える中で、妊娠や出産についての専門的な知識と確かな技術をもつ助産師に対する期待が高まっています。全国で看護系の大学が増加するにつれ、助産師教育が大学の選択課程として看護基礎課程に組み込まれるようになってきています。看護師とは異なる臨床実習が必要なことから、助産課程は大学によって10人前後の少人制となっています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

女性であること、所定の養成機関で決められた課程を修了などの条件があります。また、助産師免許を取得するには看護師免許も必要になります。

学校・養成機関

文部科学大臣が指定する学校で助産に関する学科(1年以上)、または厚生労働大臣が指定する助産師養成所など。

このほかに外国での免許を持っている場合なども受験が可能です。詳細は、公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目:基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保、助産管理

費用

受験手数料:5,400円

受験地

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

難易度

2016年度におこなわれた第99回の試験結果は次のとおりです。
受験者数 2,008名、合格者数 2,003名、合格率 99.8%
(うち新卒者)2,000名、合格者数 1,995名、合格率 99.8%
145点満点のうち87点以上が合格基準です。

スケジュール

年1回。
試験は例年2月です。

お問い合わせ

◎厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◎職能団体
公益社団法人 日本助産師会
〒111−0054 東京都台東区鳥越2−12−2
TEL:03−3866−3054
URL:http://www.midwife.or.jp/


TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR