薬剤を調合するための必須資格。薬事衛生のスペシャリスト

薬剤師

  • 医療・福祉で働く
  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

薬剤師は厚生労働省が試験をおこなう国家資格(業務独占資格)です。医師の処方箋に従って病院や薬局で薬を調剤したり、製薬会社などで新薬の研究・開発などに従事する薬事衛生のスペシャリストです。調剤だけにとどまらず、アレルギー歴や体質、患者の服薬状況の記録と照合したり、服薬指導をおこなったりするのも、薬剤師の業務です。
また、調剤をおこなわない一般用医薬品を販売している店舗でも販売する薬剤の種類によっては薬剤師の配置が義務づけられています。

職場・収入

薬局や病院、診療所、製薬会社への就職が中心です。その他就職先としては、化粧品会社など薬剤の知識を活かせる分野のほか、一般用医薬品を販売する店舗、学校などに活躍の場があります。
病院や製薬会社では給与面でも優遇されているケースが多いようです。

将来

安定した需要がある資格ですが、その一方で一般用医薬品の販売では、薬剤の種類によって登録販売者との棲み分けがおこなわれており、薬剤師にはいっそう専門性の高い業務が求められる方向にあります。さらに医学・薬学の分野では進歩も早いため、最新の薬事衛生事情に通じていること、または専門性は高い特定の薬物知識を有することなどを認定する薬剤師認定制度も複数発足しており、この意味でもスペシャリストとしてより高い知識とスキルが重要になっていくといえるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の大学(6年制)で決められた課程を卒業(見込みを含む)などの条件があります。
このほかに外国での免許を持っている場合なども受験が可能です。詳細は、公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験は、必須問題試験と一般問題試験(薬学理論問題試験・薬学実践問題試験)があります。

費用

受験手数料:6,800円

受験地

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県、福岡県

難易度

2017年に実施された第102回試験の結果は下記のとおりです。
受験者数 13,243名、合格者数 9,479名、合格率 72.6%

スケジュール

年1回
受付期間(例年):1月上旬〜中旬、試験:2月末の2日間、合格発表:3月末

お問い合わせ

◎厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/


◎職能団体
公益社団法人 日本薬剤師会
〒160−8389 東京都新宿区四谷3−3−1 四谷安田ビル 7F
TEL:03−3353−1170
URL:http://www.nichiyaku.or.jp/

◎職能団体
一般財団法人 日本病院薬剤師会
〒150−0002 東京都渋谷区渋谷2−12−15 日本薬学会 長井記念館8F
TEL:03−3406−0485
URL:http://www.jshp.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR