審美歯科、訪問歯科などの新ジャンルで活躍する人も

歯科医師

  • 医療・福祉で働く
  • 独立に有利
  • 高収入も可能

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

アウトライン

こんな資格・仕事

歯科医師は、厚生労働省が試験をおこなう国家資格(名称・業務独占資格)です。歯学にもとづいて、病気や怪我の予防・診断・治療をおこない、公衆衛生の普及につとめます。治療分野以外の矯正歯科や審美歯科を専門とする歯科医師もいます。また、医師と同じく、専門分野によって専門医資格や認定医(各学会による)が存在します。
なお、資格取得後、研修施設の指定を受けた病院・診療所などで1年以上の臨床研修が必要です。

職場・収入

現在、歯科医師の大半が開業歯科医師として活躍していますが、病院などで勤務歯科医師として働いている人もいます。開業医は高収入が期待できると言われますが、大学で6年間学ぶために必要な学費や、土地、建物、レントゲンを使う検査装置や治療に必要な設備などにかかる開業資金を回収するまでには、ある程度の期間が必要でしょう。また、都市部では歯科が過剰になり、競争が激化しています。生き残っていくためには、歯科医師としての技術のほかに、経営の手腕や、患者とのコミュニケーションも重要な要素になっています。

将来性

歯科医師数としては過剰といわれていますが、社会の高齢化が進むにつれ、中高年がかかりやすい歯周病対策、在宅で介護を受けている高齢者や障害者の訪問歯科のニーズがに高まっています。また、二十代の歯周病患者も増加するなど、予防歯科も注目されています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学(6年制)で歯学の正規課程を習得(卒業または見込み)という条件があります。

また、歯科医師国家試験予備試験合格の場合(1年以上の実地修練が必要)、外国での免許を持っている場合などにも受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験内容:臨床上必要な歯科医学および口腔衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能

費用

受験手数料:18,900円

受験地

北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

難易度

2017年度に実施された第110回試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 3,049名、合格者数 1,983名、合格率 65.0%
(うち新卒者)受験者数 1,855名、合格者数 1,426名、合格率 76.9%

スケジュール

年1回。
試験は例年2月初旬に2日間かけて実施されます。

お問い合わせ

◎厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◎職能団体
公益社団法人 日本歯科医師会
〒102−0073 東京都千代田区九段北4−1−20
URL:http://www.jda.or.jp/


TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR