大切なペットのお手入れを行うプロフェッショナル

JKC公認トリマー資格

  • 独立に有利
  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

トリマーは、犬をはじめとするペットに、ブラッシング、爪切り、耳掃除、シャンプーなどのサービスを施す、ペットの美容師です。とくに資格がなくてもトリマーとして働くことはできますが、トリマー専門学校に入って技術を学んだり、資格をとるのが一般的です。
トリマーの国家資格はありませんが、いくつかの団体がトリマー資格の認定を行っています。中でも、知名度が高いのは、ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)の公認トリマー資格です。

級・レベル・上位資格

技術と経験のレベルによって、「C級」「B級」「A級」「教士」「師範」という5種類の公認トリマー資格があります。

職場・収入

JKCの公認トリマー資格取得後は、ペットショップや犬の美容室、動物病院などで働くのが一般的ですが、経験を積んでフリーのトリマーとして活躍したり、開業することもできます。トリマーの収入は、15万前後と決して高くはありませんが、実力があれば高収入を目指すことも可能です。

将来性

ペットブームの定着に伴い、トリマーの需要も高まりました。ただし、同時にトリマーを目指す人も増えています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の課程または経験ののち試験を受けます。

公認トリマー資格を取得するには、JKC指定校に入学するのが早道です。
独学で学び、一般試験で受験する方法もありますが、難易度が高くなります。
JKC指定校で学ぶ場合は、2年(JKC B級)か4年(JKC A級)のカリキュラムになります。

<C級>
一般試験:年齢18歳以上で、JKCの会員として2年以上在籍し、資格取得試験に合格すれば取得できます。
JKC指定校:JKC指定校で所定の課程を修了後、卒業試験に合格すれば取得可能。

<B級>
一般試験:C級を取得してから2年以上経過した後、ブロック試験を受験。
JKC指定校:C級取得後、引き続き1年間在学し、所定の課程を修了すれば取得可能。

<A級>
一般試験*B級を取得してから3年以上経過した後、ブロック試験を受験。
JKC指定校*B級取得後、引き続き2年間在学し、所定の課程を修了すれば取得可能。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と実技試験があります。

【筆記試験】内容:トリマー全般 制限時間:50分 合格ライン:70点以上
【実技試験】内容:モデル犬のトリミング 制限時間:2時間 合格ライン:70点以上

費用

受験料 :5,300円(各級共通)

受験地

全国14ブロックで実施。
北海道、東北、北関東、千葉、埼玉、東京、神奈川、北陸甲信越、中部、近畿、大阪、中国、四国、九州
また、それぞれの公認養成機関でも、試験を実施しています。

難易度

合格率は公開されていません。
参考までに、2015年度のトリマー資格登録者数は以下のとおりです。
<C級>5,495名、<B級>8,098名、<A級>1,795名、<教士>94名、<師範>13名

スケジュール

年1回

お問い合わせ

◎社団法人 ジャパンケネルクラブ 事業部技術事業二課
TEL:03−3251−1656
URL:http://www.jkc.or.jp

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR