ペットや家畜の健康を守る動物のお医者さん

獣医師

  • 独立に有利
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限あり
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

飼育動物(牛、馬、羊、山羊、豚など制令で定められている動物)の診察・治療および保健衛生指導などをおこなうのが、主な獣医師の仕事です。また、家畜などの改良増殖や動物用医薬品の開発、動物疾患の試験研究、希少動物の人工繁殖など、幅広い分野にわたり活躍の場は広がっています。獣医師になるためには、獣医学系大学を卒業して、獣医師国家試験に合格し、獣医師免許を取得しなければなりません。

職場と収入

独立開業してペットの専門医院を開設するほか、地方公務員などとして酪農農家へ赴任し、牛や豚など家畜の診察をおこなったり、病気の予防に関する業務を担う人もいます。そのほか、農協などの家畜診療所、動物園や水族館、競馬厩舎、また、大学や製薬会社、ペットフード会社などにおける試験・研究など、獣医師の職場は多岐に渡ります。就職先や職種によりますが、比較的、安定した収入が得られるでしょう。

将来性

口蹄疫や鳥インフルエンザ、BSE(狂牛病)など家畜の伝染病被害が大きな社会問題となり、獣医師の病気予防や保険衛生指導に対するいっそうの貢献が期待されています。また、ペットブームの定着により動物病院へのニーズも増え、近年では犬猫以外の動物(兎や爬虫類など)に力を入れた動物病院もあります。一方で、産業動物診療に従事する獣医師は減少しており、地方では人手不足という状況もあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学校教育法に基づく大学で獣医学の正規の課程(6年制)を卒業した者(受験年度の卒業見込み者を含む)など。詳細は確認してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験試験があります。
出題対象範囲は、獣医師国家試験出題基準に基づきます。
本出題基準のカテゴリは次のとおりです。
獣医療の基本的事項、獣医学の基本的事項、衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項

費用

受験手数料:13,900 円

受験地

北海道、東京、福岡

難易度

2017年2月に実施された第68回試験の結果は、以下のとおりです。
受験者数 1,296名、合格者数 1,000名、合格率 77.2%

スケジュール

年1回。
試験日:2月、合格発表:3月(例年)

お問い合わせ

◎農林水産省 消費・安全局衛生管理課 獣医事班
TEL:03―3502―8111(内線4530)
URL:http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/index.html

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR