従業員の安全を守るために職場環境をマネジメントする

衛生管理者

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

衛生管理者の主な役割は、労働者の健康を守るための作業環境管理、作業方法の管理、労働衛生教育の実施、健康の保持増進措置などとなっています。うつ病のようにストレスが原因で起きる病気や、働きすぎによる過労死などを未然に防ぐため、働く人の職場環境をチェックして、問題があれば改善のために尽力します。特に危険物などを扱う工場では労働災害が起きないように安全管理に務めます。

級・レベル・上位資格

試験は第一種と第二種にわかれています。
第一種衛生管理者免許を有する者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができます。
第二種衛生管理者免許を有する者は、有害業務と関連のうすい情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができます。

職場・収入

衛生管理者の試験を受けるには、労働衛生の実務経験が必要です。本社および工場の総務・人事部門で経験を積んだ後、上司などから勧められて資格を取得する人が多いようです。資格取得後、知識と経験を生かし、労働安全衛生に関連する社会保険労務士の資格も取得して独立開業する人もいます。

将来性

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員が働く事業所では、衛生管理者を必ず1人以上置くことが義務付けられています。従業員数の規模が大きくなれば、配置すべき衛生管理者の数も増えます。たとえば3,000人以上の事業所では6人の衛生管理者が必要になります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

実務経験が必要です。
ただし、学歴によって求められる労働衛生の実務経験年数が異なります。詳しくは、公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験範囲は次のとおりです。
<一種>
労働衛生、関係法令、労働生理
<特定第一種>
労働衛生(有害業務に係るものに限る)、関係法令(有害業務に係るものに限る)
<二種>
労働衛生(有害業務に係るものを除く)、関係法令(有害業務に係るものを除く)、労働生理

費用

試験手数料:6,800円

受験地

北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州の安全衛生技術センター

難易度

2015年度の試験結果は次のとおりです。
<第一種衛生管理者>受験者数 55,129名、合格者数 30,587名、合格率 55.5%
<第二種衛生管理者>受験者数 25,716名、合格者数 16,983名、合格率 66.0%

スケジュール

月1〜3回
受験者の多い関東、近畿の各センターでは、毎月3回試験が実施されます。
中部では月によって2〜3回、その他は1〜2回となっています。

お問い合わせ

◎公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101−0065 東京都千代田区西神田3−8−1 千代田ファーストビル東館9F
TEL:03−5275−1088
URL:http://www.exam.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR