計量器の検査および公害防止のための環境計量を実施する

計量士

  • 専門技術を取得
  • 実力やレベルを証明
  • これから有望

国家資格

試験難易度 A 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

計量士は、計量法に定められた業務についての国家資格です。たとえば、スーパーマーケットなどで売られている食料品などについて、ラベルに書かれている量が実際と比べて正しいか立ち入り検査をおこなうといった仕事も、計量士の業務のひとつです。また、工場から排出されるばい煙や排水の有害物質などのほか、航空機などの騒音を測定するのも軽量士の役割です。
計量士になるためには、計量士国家試験で合格する方法と、独立行政法人 産業技術総合研究所計量研修センターの教習を受ける方法があります。

級・レベル・上位資格

<環境計量士(濃度関係)>
工場からの気中の有害物質や悪臭物質、水質、土壌の汚染や汚濁物質排出状況を測定
<環境計量士(騒音・振動関係)>
工場、建設工事、道路(自動車)、鉄道のほか一般環境等の騒音、振動を測定します。
<一般計量士>
生産工場や百貨店・スーパーマーケット等で使用される長さ計(ものの長さを計測すること)や質量計、体積計、温度計などの計量器の精度管理や計量管理をおこないます。

職場・収入

主として都道府県知事の登録を受けた計量証明事業所で活躍しています。また、一般計量士は、適正計量管理事業者や各種事業所、定期検査に代わる検査等で活躍しています。なお、試験の場合には受験条件はありませんので、学生のうちに取得するケースも見られます。

将来性

主として都道府県知事の登録を受けた計量証明事業所で活躍しています。また、一般計量士は、適正計量管理事業者や各種事業所、定期検査に代わる検査等で活躍しています。なお、試験の場合には受験条件はありませんので、学生のうちに取得するケースも見られます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

受験には資格は必要ありません。
計量士になるためには、計量士国家試験で合格する方法と、独立行政法人 産業技術総合研究所計量研修センターの教習を受ける方法があり、後者では一定の実務経験が必要です。
また、前者の場合でも受験資格には制限がありませんが、合格後に登録するためには、定められた講習や一定の実務経験が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容・科目

筆記試験がおこなわれます。
【共通科目】
・計量関係法規
・計量管理概論

【一般計量士】
・計量に関する基礎知識
・計量器概論および質量の計量

【環境計量士(濃度関係)】
・環境計量に関する基礎知識(環境関係法規および化学に関する基礎知識)
・化学分析概論および濃度の計量

【環境計量士(騒音・振動関係)】
・環境計量に関する基礎知識(環境関係法規および物理に関する基礎知識)
・音響および振動概論並びに音圧レベルおよび振動加速度レベルの計量

費用

受験手数料:8,500円

受験地

北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄

難易度

第66回(2016年3月実施)試験結果は下記のとおりです。
<環境計量士(濃度関係)>受験者数 3,239名、合格者数 496名、合格率 15.3%
<環境計量士(騒音・振動関係)>受験者数 883名、合格者数 142名、合格率 16.1%
<一般計量士>受験者数 1,043名、合格者数 163名、合格率 15.6%

スケジュール

試験は例年、3月上旬(第1日曜日)に実施されます。
願書受付期間10月中旬〜下旬、合格発表5月下旬

お問い合わせ

計量士制度に関する問い合わせ
◎経済産業省産業技術環境局 計量行政室
TEL:03−3501−1688
URL:http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/20_keiryoushi.html

計量士国家試験についての問い合わせ
◎株式会社日通総合研究所内 計量士国家試験係
TEL:03−4226−3000(土日祝日を除く9:30〜17:00)

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR