モーターボートやエンジン付ヨットを楽しむためのライセンス

小型船舶操縦士

  • 専門技術を取得
  • 生活・趣味を充実

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

総トン数20トン未満の小型船(モーターボート、ホバークラフト、エンジン付きヨット、水上オートバイ)を操縦するためには、小型船舶操縦士の免許が必要です。
マリーナ運営やボート販売等にかかわる民間企業や、免許スクール専門企業が開催する講習を受講し試験を受験する「免許スクールコース」と、国土交通省に登録されている水産高校や民間企業等の小型船舶教習所に入校して、免許取得を目指す「登録小型船舶教習所コース」のほか、独学で勉強し受験する方法の3つがあります。

級・レベル・上位資格

小型船舶免許は、航行できる区域や操縦できる船舶の種類によって「一級小型船舶操縦士」、「二級小型船舶操縦士」、「二級小型船舶操縦士(湖川)」、「特殊小型船舶操縦士」に分かれています。  
<一級小型船舶操縦士>
小型船舶で操縦できる範囲は無制限。ただし、沿海区域の外側80海里(約150キロメートル)未満の水域以遠を航行する場合は、六級海技士(機関)以上の有資格者の乗船が必要。

<二級小型船舶操縦士>
小型船舶で、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域を操縦可能。
※18歳未満では操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定され、18歳に達すると特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行される。

<二級小型船舶操縦士(湖川)>
湖や川だけに利用する総トン数が5トン未満、エンジンの出力15キロワット未満の船が操縦可能。 

<特殊小型船舶操縦士>
水上オートバイを操縦するために必要な免許。湖岸や海岸から2海里(約3.7キロ)までの水域を操縦可能。

また、旅客船や遊漁船など人を運送する小型船舶の船長を目指す場合は、これらの免許に加えて、「特定操縦免許」が必要です。このほかに遊漁船業(船釣りなど)をおこなう場合、各船に必要な遊漁船業務主任者の講習もあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢制限があります。

<一級> 17歳9か月から 
<二級(湖川を含む)> <特殊>15歳9か月から
ただし、試験合格後、免許を取得できるのは、一級は18歳、二級・特殊は16歳に達してからとなります。そのほか、視力・弁色力・聴力・疾病などの基準があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

試験は、身体検査・学科試験・実技試験がおこなわれます。
【身体検査】視力、弁色力、聴力、疾病及び身体機能の障害
【学科試験】(四肢択一 二級(湖川)のみ正誤式):
一級:一般(操縦者の心得および遵守事項、交通の方法、運行)、上級運行機⊂綉蕷森圻記
二級:一般(操縦者の心得および遵守事項、交通の方法、運行)
二級(湖川):湖川(操縦者の心得および遵守事項、交通の方法、運行)
特殊:一般(操縦者の心得および遵守事項)、特殊(交通の方法、運行)

【実技試験】実際に船を使用し、操船技術等の試験をおこないます。

なお、「登録小型船舶教習所コース」の修了試験に合格していると、学科試験・実技試験は免除になります。

費用

受験料:
<一級>28,950円、<二級>25,900円、<二級(湖川)>21,250円、<特殊>22,750円
(身体検査、学科試験、実技試験の合計金額)

受験地

各都道府県

難易度

合格率は都道府県ごとに発表されます。概ね80〜100%の合格率です。
学科試験の合格基準は、各科目50%以上かつ総得点の65%以上です。
実技試験の合格基準は、配点の60%以上か、成績の合計が配点合計の70%以上です。

スケジュール

取得方法によります。
試験日程の詳細は、公式サイトを参照してください。

通常は、一級・二級は試験開始期日に身体・学科試験がおこなわれ、実技試験は後日に実施されています。
二級(湖川)及び特殊は1日で身体・学科・実技試験の全てが実施されています。

お問い合わせ

◎財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会 特定事業本部 
〒231−0005 神奈川県横浜市中区本町4−43 A−PLACE馬車道9F
特定事業本部 TEL:045−264−4172(代表)
関東事務所 TEL:045−201−1222(代表)
URL:http://www.jmra.or.jp/

◎国土交通省
URL:http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_mn10_000002.html

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR