建設現場や港湾施設でクレーンを操作するオペレーター

クレーン・デリック運転士

  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得
  • 実力やレベルを証明

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

動力で荷を吊り下げるクレーンおよびデリックの運転は危険が伴うため、法律で専門の技能や知識の習得が義務づけられています。クレーン・デリック運転士は、つり上げ荷重が5トン以上の天井クレーン、橋形クレーン、ジブクレーン、ガイデリック、スチフレッグデリック、ジンポールなどの各種クレーンおよびデリックを運転するために必要な国家資格です。この資格を取得するには、財団法人安全衛生技術試験協会の実施する試験に合格して免許を取得しなければなりません。
試験は学科試験と実技試験に分かれていますが、労働局長指定の教習所(クレーン学校)で実技教習を修了し、実技試験免除で学科試験に合格して免許を取得する方法もあります。

級・レベル・上位資格

扱えるクレーン・デリックの種類が限定されている免許と、その限定を解除する免許、すべてのクレーン・デリックを扱える免許など、全部で6種類(「限定なし」「クレーン限定」「床上運転式クレーン限定」「クレーン限定解除」「床上限定解除」「デリック限定解除」)に分かれています。また、移動式クレーン運転士の免許が別に設けられています。

職場

ビルの建設現場や、工場、造船所、倉庫・資材置き場、港湾施設など。最近では、女性や外国人の免許取得者も増えています。

将来性

クレーン運転士の求人は、建設業や製造業の好不況に左右される面があります。その一方で複数の試験があるので、異なるクレーン・デリック免許を取得したり、技能講習または特別教育を受けることで、業務の幅を広げることもできます。また、現場で経験を積んだ後、クレーン学校の講師を務める人もいます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、合格しても18歳以上にならないと免許は交付されません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

基本的に学科試験と実技試験があります。
代表例として、「クレーン・デリック運転士(限定なし)」の試験内容のみ紹介します。
【学科試験】
クレーンおよびデリックに関する知識/関係法令/原動機および電気に関する知識/クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
【実技試験】
クレーンの運転/クレーンの運転のための合図

費用

【学科試験】6,800円
【実技試験】11,100円

受験地

全国の安全衛生技術センター(北海道恵庭市、宮城県岩沼市、千葉県市原市、愛知県東海市、兵庫県加古川市、広島県福山市、福岡県久留米市)

難易度

2015年度の試験結果は下記のとおりです。
<クレーン・デリック運転士>
【学科試験】受験者数 20,317名、合格者 13,265名、合格率 65.3%
【実技試験】受験者数 4,130名、合格者数 2,104名、合格率 50.9%

<移動式クレーン運転士>
【学科試験】受験者数 5,567名、合格者数 4,059名、合格率 72.9%
【実技試験】受験者数 636名、合格者数 401名、合格率 63.1%

スケジュール

毎月(1〜2回)

お問い合わせ

◎公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101−0065 東京都千代田区西神田3−8−1 千代田ファーストビル東館9F
TEL:03−5275−1088
URL:http://www.exam.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR