扱う自動車の種類によって、試験科目と等級が異なる

自動車整備士

  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得
  • 実力やレベルを証明

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 中卒程度以上 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

アウトライン

こんな資格・仕事

自動車の点検整備をおこなって安全を確保することで、事故や公害を防止するのが自動車整備の仕事です。この資格を取得するには、国土交通省が実施する技能検定試験に合格しなければなりません。

主な取得のルートは以下のとおりです。
・実務経験を積むなどして受験条件を満たしたうえで、国土交通省が実施する学科試験に合格する。
・国土交通大臣の指定した自動車整備士養成施設の所定の課程を修了し、学科試験に合格する。
・社団法人 日本自動車整備振興会連合会(日整連)が実施する自動車整備技能登録試験(学科試験・実技試験)に合格する(国土交通省の自動車整備士技能検定が学科試験・実技試験ともに免除となる)。

級・レベル・上位資格

試験区分は、一級、二級、三級、特殊があります。
<一級自動車整備士>
一級大型自動車整備士、一級小型自動車整備士、一級二輪自動車整備士
<二級自動車整備士>
二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士、二級自動車シャシ整備士、二級二輪自動車整備士
<三級自動車整備士>
三級自動車シャシ整備士、三級自動車ガソリン・エンジン整備士、三級自動車ジーゼル・エンジン整備士、三級二輪自動車整備士
<特殊整備士>
自動車タイヤ整備士、自動車電気装置整備士、自動車車体整備士

受験資格(年齢制限、実務経験)

級や試験区分によって受験資格が異なります。
また、学歴、修了科、保有資格によって、求められる実務経験の年数が異なります。経験年数が不要の場合や、一部の試験が免除される場合もあります。
一例では次のとおりです。
<一級自動車整備士>
・二級整備士取得者(二級自動車シャシ整備士を除く)であり、合格後3年以上経っている
・一級整備士養成課程修了者
詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と実技試験があります。
一級は学科試験で筆記と口述試験があります。

費用

自動車整備士の技能検定試験:
7,200円
(学科試験及び実技試験の全部の免除を受ける場合は2,450円)

自動車整備技能登録試験:
学科試験:1級6200円、その他4200円
実技試験:12,000円

難易度

自動車整備技能登録試験の2015年第2回試験(学科試験)の結果は以下のとおりです。
<一級小型(筆記)>37.7%、<二級ガソリン>77.5%、
<二級ジーゼル>91.6%、<二級シャシ>91.3%、
<三級シャシ>65.4%、<三級ガソリン>50.2%、
<三級ジーゼル>55.5%、<三級2輪>81.5%、
<電気装置>72.9%、<車体>93.3%

<一級小型自動車学科試験>
【筆記試験】合格率 37.7%、【口述試験】合格率 96.4%

スケジュール

自動車整備士技能検定のスケジュールは国土交通省の公式サイトを参照してください。
自動車整備技能登録試験は年2回です。

お問い合わせ

◎国土交通省自動車交通局技術安全部整備課
〒100−8918 東京都千代田区霞が関2−1−3
TEL:03−5253−8111(内線42414)
URL:http://www.mlit.go.jp/
または各地方運輸局

◎社団法人 日本自動車整備振興会連合会(日整連)
〒106−6117 東京都港区六本木6−10−1 森タワー17F
TEL:03−3404−6141(代)
URL:http://www.jaspa.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR