高齢者や障害者に住みやすい住環境を提案する

福祉住環境コーディネーター検定(R)

  • 実力やレベルを証明
  • これから有望
  • 医療・福祉で働く

公的資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

福祉住環境コーディネーターは東京商工会議所がおこなう資格試験で、高齢者や障害者にとって住みやすい住環境を提案するアドバイザーを認定します。医療・福祉・建築について幅広い知識を身につけ、ケアマネジャーやケースワーカーなどの介護・福祉の専門職と連携をとりながら、本人や家族の要望や困りごとについての相談に応じつつ、適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。

級・レベル・上位資格

1級から3級の3レベルが設定されています。1級の受験者では医療・社会保険や社会福祉に関わるサービス業関係者が35%を占めており、建設関係者も20%を超えています。

職場

福祉用具や、高齢者や障害者向けの住宅改修を専門とする企業、設計事務所、バリアフリー住宅に力を入れる住宅関連企業などに活躍の場があります。

将来性

介護福祉士、作業療法士、理学療法士、ケアマネジャーなどの介護関係の資格や、建築士、インテリアコーディネーターといった建築関係の資格とあわせ持つと、幅広い知識を示すことができ、また、高齢者や障害者の生活上のニーズにきめこまかく対応することができるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、1級の受験には2級に合格している必要があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験があります。
方式は1〜3級でマークシート方式、1級のみ記述式もあります。
基本的に各級公式テキストの内容と、それらに対する理解についての問題が中心です。100点満点で70以上が合格基準です。
1級の記述式試験では、実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力が問われます。

費用

受験料(税込)
<1級>10,800円
<2級>6,480円
<3級>4,320円

受験地

全国の商工会議所等

難易度

2015年度の試験結果は下記のとおりです。
<1級>受験者数 618名、合格者数 41名、合格率 6.6%
<2級>受験者数 27,728名、合格者数 15,417名、合格率 55.6%
<3級>受験者数 12,833名、合格者数 8,142名、合格率 63.4%

スケジュール

年1〜2回(級による)
1級年1回、2級・3級年2回
<1級>申込期間9月上旬〜10月上旬、試験11月下旬、成績票発送日3月下旬
<3級・2級>申込期間:4月下旬〜5月下旬/9月上旬〜10月上旬、試験:7月上旬/11月下旬、成績票発送:8月中旬/1月上旬

お問い合わせ

◎東京商工会議所 検定センター
〒100−0005 東京都千代田区丸の内2−5−1 丸の内二丁目ビル4F
TEL:03−3989−0777(10:00〜18:00/除:土日・祝日・年末年始)
土日・祝日を除く10:00〜18:00
URL:http://www.kentei.org/fukushi/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR