建築・土木の現場や地図製作で活躍する測量の専門職

測量士・測量士補

  • 就職・転職に有利
  • 学校、講習等で取得
  • 独立に有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

測量士は、国土地理院が試験をおこなう国家資格で、ある地点の距離や面積を測る仕事をします。都市開発や道路や鉄道などの公共事業、建築現場など、土木・建設工事を開始するときには、必要不可欠な専門技術者です。仕事は、作業計画の立案や測量計画・製図などの室内で作業する内業と、屋外に出て実際に測量する外業に分けられます。
国家試験では、測量に必要な専門知識や、それを現場で応用できる能力が問われます。

級・レベル・上位資格

下位資格として、「測量士補」があります。測量士補の受験資格は、大学で所定の科目を修めて卒業することです。また、測量士補となってから1年以上の実務経験があれば測量士の資格を取得できます。

職場・収入

おもな職場は、測量を専門におこなう会社、地図作成関係の会社、土木・建設関係の会社のほか、独立して測量の仕事に従事する人もいます。

将来性

測量士または測量士補の資格があれば、土地家屋調査士の筆記試験の一部科目が免除されるため、ダブルライセンスとして両方取得する人が多くなっています。両方の資格があれば、担当できる業務の幅が広がり、収入増などのステップアップにつながります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験が実施されます。
試験科目は以下のとおりです。
<測量士>
測量に関する法規およびこれに関連する国際条約、多角測量、汎地球測位システム測量、水準測量、地形測量、写真測量、地図編集、応用測量、地理情報システム
<測量士補>
測量に関する法規、多角測量、汎地球測位システム測量、水準測量、地形測量、写真測量、地図編集、応用測量

費用

試験手数料
<測量士>4,250円
<測量士補>2,850円

受験地

北海道、宮城、秋田、東京、新潟、富山、愛知、大阪、島根、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄

難易度

2016年の試験結果は以下のとおりです。
<測量士>受験者数 2,924名、合格者数 304名、合格率 10.4%
<測量士補>受験者数 13,278名、合格者数 4,767名、合格率 35.9%

スケジュール

年1回
願書受付期間:1月上旬〜2月上旬、試験:5月中旬(日曜日)、合格発表:7月下旬

お問い合わせ

◎国土地理院 総務課 試験登録係
〒305−0811 茨城県つくば市北郷1 国土地理院
TEL:029−864−8214/8248
(平日8:30〜12:00、13:00〜17:15)
URL:http://www.gsi.go.jp/LAW/SHIKEN/SHIKEN-top.htm

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR