快適な住空間を提案するプロフェッショナル

インテリアコーディネーター

  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

 

 

アウトライン

こんな資格・仕事

インテリアコーディネーターは、住宅の新築や増改築、リフォームのときに、住む人の好みやライフスタイルに合った快適な住空間をつくるために、壁紙や床材などの素材から照明、カーテン、家具、生活用具をはじめとする住宅全般について提案やアドバイスをおこないます。
公益社団法人 インテリア産業協会がおこなう民間の資格試験です。資格の有効期限は5年間で、継続する場合には所定の研修を受ける必要があります。

将来性・職場

インテリアコーディネーターは、工務店、リフォーム会社、設計事務所などで活躍しています。
資格がなくても仕事はできますが、試験に合格して実力と適性を証明できれば、就職や転職でアピールできるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

一次試験と二次試験があります。

【一次試験】
学科(160分)
インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること、インテリアコーディネーターの仕事に関すること、インテリアの歴史に関すること、インテリアコーディネーションの計画に関すること、インテリアエレメント・関連エレメントに関すること、インテリアの構造・構法と仕上げに関すること、環境と設備に関すること、インテリアコーディネーションの表現に関すること、インテリア関連の法規、規格、制度に関すること
【二次試験】(一次試験合格者のみ)
論文・プレゼンテーション試験(180分)

費用

受験料
一次試験・二次試験受験:14,400円
一次試験、二次試験のみの場合:11,300円

受験地

全国の13会場(一次試験、二次試験とも)
札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、名古屋、金沢、大阪、松江、広島、高松、福岡、沖縄

難易度

2016年度(第34回)の試験結果は以下のとおりです。
【一次試験】受験者数 8,328名、合格者数 2,560名、合格率 30.7%
【二次試験】受験者数 3,405名、合格者数 2,055名、合格率 60.3%

スケジュール

年1回
申請期間:7月下旬〜8月下旬、一次試験:10月中旬、一次試験合否通知:11月上旬、二次試験:12月上旬、二次試験合否通知:翌2月中旬

お問い合わせ

◎公益社団法人 インテリア産業協会
〒160−0022 東京都新宿区新宿3-2-1 新宿三丁目ビル8F
TEL:03-3233-6077(インテリアコーディネーター資格試験運営事務局:10:00〜17:00 平日のみ)
URL:http://www.interior.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR