インテリアの企画・設計・工事監理を受け持つ専門家

インテリアプランナー

  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 実務経験の期間に反映 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

インテリアプランナーは、インテリアに関する企画・設計・工事監理をおこなう専門家であり、国土交通省所管の公益財団法人 建築技術教育普及センターが実施する試験に合格し、登録を受けた資格者です。
インテリアコーディネーターとの違いは、イス、テーブル、照明器具、壁材、床材などのインテリア製品を選んでコーディネートするだけでなく、より高度な専門性と、総合力を求められること。インテリアプランナーは、住まい手や建物のオーナーの要望をよく聞いたうえで、全体のインテリア計画を立て、図面をつくるという設計・製図の知識、価格や品質などのマネジメント能力、施工の品質や工期の管理をおこなう工事監理の能力が求められます。
平成28年度から試験の方法が変わり、学科試験の合格者が登録することにより「アソシエイト・インテリアプランナー(准インテリアプランナー)」の資格を取得することができます。設計製図試験の合格者は、登録により「インテリアプランナー」の資格を得られます。

職場・収入

インテリアプランナーは、インテリアデザイン事務所、インテリア設計・施工会社、建築設計事務所、建設会社などさまざまなフィールドで活躍しています。対象とする仕事の領域は、住宅やオフィスのほか、店舗、ホテル、病院、学校、公共施設など、人々の生活の場の中心となるインテリア空間のすべてです。

将来性

インテリアコーディネーターがキャリアアップのためにインテリアプランナーの資格を取るケースが多く見られます。また、不動産の販売や法規についての知識をプラスするために、宅地建物取引主任者の資格を取る人や、設計・製図の能力を高めるために建築士の資格を取る人もいます。一般の住宅、オフィス、店舗、ホテルなど、自分の扱うジャンルについての専門性を高め、自分の持ち味を打ち出せるようになれば、一人前のインテリアプランナーであると言えます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢による条件があります。
受験する年の4月1日現在で満20歳以上。
ただし、試験合格後に登録をするには、学歴や実務経験の条件があります。詳細は公式サイトを参照してください
なお、平成28年度から変更になります。年齢による制限がなくなるほか、学科試験を5年以内に合格した者が設計製図試験を受けられるようになります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と設計製図試験があります。
【学科試験】(多肢択一式)
インテリア計画、インテリア装備、インテリア施工、インテリア法規、建築一般
【設計製図試験】
建築物における空間の使われ方、生活のイメージが判るようなインテリア設計(設計主旨、平面図、断面図、展開図、天井伏図、透視図、一部詳細図、仕上表、家具表などのうち指定するもの)。設計課題は試験前に公表され、受験総合案内書に掲載される

両方を同時に受験することもできますが、学科試験のみ、あるいは設計製図試験のみの受験も可能です。5年以内に両方に合格した場合に、インテリアプランナー試験の合格者となります。

費用

受験手数料(税込)
【学科試験】:9,720円
【設計製図試験】:16,200円
平成28年度から手数料は変更になります。

受験地

札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都府、大阪府、広島市、福岡市、沖縄(学科のみ)

難易度

2015年度の試験結果は、以下のとおりです。
【学科試験】
受験者数 341人、合格者数 208人、合格率 61.0%
【設計製図試験】
受験者数 405人、合格者数 112人、合格率 27.7%

スケジュール

年1回
例年11月中旬、受付期間:8月上旬〜9月下旬、合格発表:翌年の2月下旬
平成28年度から、6月と11月の2回になります。

お問い合わせ

◎公益財団法人 建築技術教育普及センター
〒102−0094 東京都千代田区紀尾井町3−6 紀尾井町パークビル
TEL:03−6261−3310
URL:http://www.jaeic.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR