建築工事の工程と品質を管理する技術者

建築施工管理技士(1級・2級)

  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利
  • 専門技術を取得

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 実務経験の期間に反映 実務経験等 実務経験が必要

 

 

アウトライン

こんな資格・仕事

建築施工管理技士は、建設工事の円滑な施工と工事完成品の質的水準の確保を図るために設けられた国家資格です。建設工事の円滑な施工のためには、品質の保持、予算管理、工程・工期の管理、事故の防止、環境への配慮について管理・監督のできる高度な技術者が求められます。この資格を得るための国家試験の名称は、建築施工管理技術検定試験といいます。

級・レベル・上位資格

1級と2級があります。試験に合格すると、1級または2級建設施工管理技士の称号が与えられます。

職場

一般・特定の建設業の営業所には「専任の技術者」を、建設工事の現場には「主任技術者」「監理技術者」を置くことが義務づけられています。建築施工管理技士の有資格者は、このいずれかになることができます。将来、現場管理、現場監督をめざす人はぜひ、取得したい資格です。

将来性

資格を取得すれば、施工技術の指導ができる技術者として社会的に高い評価を受けるだけでなく、責任者として管理できる現場の規模が広がります。将来、転職や独立をする場合にも有利に働く資格です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学歴または資格と実務経験年数があります。
詳細は公式サイトを参照してください。

<1級の例>
2級建築施工管理技術検定に合格した人は、合格後、5年以上の実務経験があれば1級を受検できます。
指定学科を卒業した場合、大学は3年以上、短大または5年制高等専門学校は5年以上、高校は10年以上の実務経験があれば受検できます。
また、最終学歴を問わず、15年以上の実務経験があれば受検できます。

<2級の例>
指定学科を卒業した場合、大学は1年以上、短大または5年制高等専門学校は2年以上、高校は3年以上の実務経験があれば受検できます。
また、最終学歴を問わず、8年以上の実務経験があれば受検できます。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と実地試験があります。
学科試験はは択一式かつマークシート方式、実地試験は記述式による筆記試験です。1級は学科試験と実地試験を別の日におこないますが、2級は同日に実施します。

<1級>
【学科試験】建築学等、施工管理法、法規
【実地試験】施工管理法

<2級>
種別ごとに試験範囲が異なります。
【学科試験】
建築:建築学等、施工管理法、法規
躯体:建築学等、躯体施工管理法、法規
仕上げ:建築学等、仕上施工管理法、法規
【実地試験】
建築:施工管理法
躯体:躯体施工管理法
仕上げ:仕上施工管理法

費用

受験料(非課税)
<1級>【学科試験】9,400円、【実地試験】9,400円
<2級>【学科試験】4,700円、【実地試験】4,700円

受験地

<1級>
札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
<2級>
札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、沖縄

難易度

2015年の試験結果は以下のとおりです。
<1級>
【学科試験】受験者数 25,452名、合格者数 11,103名 、合格率 43.6%
【実地試験】受験者数 16,365名、合格者数 6,180名、合格率 37.8%

<2級>
【学科試験】受験者数 27,592名、合格者数 13,385名 、合格率 48.5%
【実地試験】受験者数 23,913名、合格者数 7,822名、合格率 32.7%

スケジュール

年1回
<1級>
申込受付期間:2月上旬〜下旬、学科試験:6月上旬、実地試験:10月下旬、合格発表学科試験:7月中旬、実地試験:2月上旬

<2級>
申込書販売期間:6月中旬〜7月中旬、受験申込締切日:7月中旬、学科試験・実地試験:11月中旬、合格発表:2月上旬

お問い合わせ

◎財団法人 建設業振興基金 試験研修本部
〒105−0001 東京都港区虎ノ門4−2−12 虎ノ門4丁目MTビル2号館
TEL:03−5473−1581
URL:http://www.fcip-shiken.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR