建築関係の頂点に立つ資格で、設計から工事監理までをおこなう

建築士(1級・2級・木造)

  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得
  • 独立に有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 実務経験の期間に反映 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

 

 

アウトライン

こんな資格・仕事

建築士は、建築士法によって定められている国家資格で、設計はもちろん工事監理にいたるまでの仕事をすべてにわたっておこないます。工事監理とは建築主の立場に立って工事を設計図と照合し、設計図書のとおりに 実施されているかどうかを確認する手続きです。 適切な工事監理がおこなわれれば、建築基準法に違反するような建築工事あるいは欠陥工事の発生を未然に防ぐことができます。

級・レベル・上位資格

建築士の資格は、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3つに分かれています。 一級と二級は建物の規模と構造の差で区別されています。
平成23年3月31日現在での登録者数は、一級建築士:343,650名、二級建築士:730,336名、木造建築士:16,726名です。

職場・収入

建築士の就職先は建設会社、住宅メーカー、不動産会社、工務店、大手の建築・設計事務所など。経験を積んで独立開業する人もいます。

会社に勤務する場合は、建築士の技能が評価され、資格手当等で優遇されます。建築士の設計料は、設計する建物の用途、工事費、建築士の経験年数によって異なります。

将来性

建築士は、建築関係資格の頂点に立つ資格です。公共事業の見直しや長引く不況の影響で、建築業界をめぐる環境はきびしくなっていますが、建築物へのニーズが多様化する中で、高度な技術や専門知識、洗練されたセンス、生活感覚が求められています。たとえば、オフィスビルや集合住宅の大規模化・高層化・インテリジェント化への対応、省エネとCO2削減、さらに一歩進んで太陽熱を利用してエネルギー創出する建築物、高齢者や障害をもつ人も安心して暮らせるバリアフリー住宅、欧米の住宅のように耐用年数の長い「百年住宅」、建築物の耐震診断・耐震改修の分野など、住む人へのニーズにきめ細かく対応できる建築士の活躍が期待されています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学歴・実務経験・資格が必要です。

以下のいずれかを満たす必要があります。
<一級建築士>
(1)学歴+実務経験
(2)二級建築士取得+実務経験(4年以上)
(3)建築設備士取得+実務経験(4年以上)
<二級建築士・木造建築士>
(1)学歴+実務経験
(2)建築に関する学歴がない場合は、7年以上の実務経験が必要
(3)建築設備士の資格を持つ場合は、実務経験は不要

学歴とは、国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業することで、取得した科目数によって必要な実務経験の年数が異なります(平成21年度入学者から適用されます)。

詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と設計製図試験がおこなわれます。
試験科目は以下のとおりです。
<一級建築士>
【学科試験】学科I(建築計画)、学科II(環境・設備)、学科II(法規)、学科IV(構造)、学科V(施工)
【設計製図】事前に公表された設計課題についての設計製図

<二級建築士、木造建築士の試験科目>
【学科】学科I(建築計画)、学科II(建築法規)、学科III(建築構造)、学科IV(建築施工)
【設計製図】事前に発表された設計課題についての設計製図

費用

受験手数料
<一級建築士>19,700円
<二級建築士・木造建築士>16,900円

受験地

全国各地
詳細は公式サイトを参照してください。

難易度

2016年度の試験結果は下記のとおりです。

<一級建築士>
【学科】受験者数 26,096名、合格者数 4,213名、合格率 16.1%
【設計製図】受験者数 8,653名、合格者数 3,673名、合格率 42.4%

<二級建築士>
【学科】受験者数 20,057名、合格者数 8,488名、合格率 42.3%
【設計製図】受験者数 11,159名、合格者数 5,920名、合格率 53.1%

<木造建築士>
【学科】受験者数 495名、合格者数 304名、合格率 61.4%
【設計製図】受験者数 351名、合格者数 198名、合格率 56.4%

スケジュール

年1回
<一級建築士>
学科試験:7月、設計製図の試験:10月、最終合格者発表:12月
<二級建築士>
学科試験:7月、設計製図の試験:9月、最終合格者発表:12月
<木造建築士>
学科試験:7月、設計製図の試験:10月、最終合格者発表:12月

お問い合わせ

◎公益財団法人 建築技術教育普及センター
〒102−0094 東京都千代田区紀尾井町3−6 紀尾井町パークビル
TEL:03−6261−3310
URL:http://www.jaeic.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR