バーチャルリアリティなど高度なCG技術を実現するエンジニアの検定

CGエンジニア検定

  • 就職・転職に有利
  • 在宅・パートタイム向き
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

CG(コンピュータグラフィック)分野の開発、設計をおこなうプログラマー、エンジニアを対象にした民間の検定試験です。産業や学術分野のさまざまな領域で用いられるCGについて、一定の条件(開発目標・システム環境・予算・作業工程など)のもと、ソフトウェアや関連するハードウェア、システムを開発できる能力が試されます。

級・レベル・上位資格

エキスパート、ベーシックの2レベルがあります。エキスパートが上位の級です。

職場・収入

映画、アニメーションのほか、より高度な技術を要求されるバーチャルリアリティ、ミックスドリアリティの分野でCGエンジニアの活躍が求められています。CG制作を技術的な側面から支える、CGプログラマー、ゲームプログラマー、ソフトウェアエンジニア、CADエンジニア、テクニカルディレクターなどの職種で活用できます。

将来性

3D映画などの娯楽分野のほか、さまざまなコンテンツで技術が活用されているため、開発を支えるCGエンジニアが活躍する機会は多いといえるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

マークシート形式の試験がおこなわれます。

<エキスパート>
10問、90分。
CGの技術に関する専門的な理解と、ソフトウェアやハードウェア、システムの開発に知識を応用する能力を測ります。
出題範囲:ディジタルカメラモデル/座標変換/モデリング/レンダリング/アニメーション/画像処理/視覚に訴えるグラフィックス/CGシステム/知的財産権
<ベーシック>
10問、70分。
CGの技術に関する基本的な理解と、プログラミングなどに知識を利用する能力を測ります。
出題範囲:ディジタルカメラモデル/画像の濃淡変換とフィルタリング処理/モデリング/レンダリング/アニメーション/システムと規格/関連知識

費用

検定料
<ベーシック>5,500円
<エキスパート>6,600円

受験地

全国各地

難易度

2015年度に実施された前期試験の結果は、以下のとおりです。
<ベーシック> 応募者数 620名、合格率 75.2%
<エキスパート> 応募者数 352名、合格率 53.4%

スケジュール

年2回
出願期間:4月初旬〜5月末頃・9月初旬〜10月中旬、試験日:7月・11月

お問い合わせ

◎CG-ARTS協会(公益社団法人 画像情報教育振興協会)
〒104−0061 東京都中央区銀座1−8−16 銀座アスタービル 3F
TEL:03−3562−4840
URL:http://www.cgarts.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR