総合的なICT活用能力の熟練度を認定

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)は、P検協会(ICTプロフィシエンシー検定協会)が実施する民間の検定です。パソコンを初めて触る初心者から、企業内でパソコンを有効活用している人まで、パソコンを扱うすべての人が対象です。ICT(Information and Communication Technology、情報通信技術)の活用能力をレベル別に認定します。P検の「P」は、「ICTプロフィシエンシー(proficiency)」のPからとられており、プロフィシエンシ―とは、熟練や熟達を意味しています。
特定分野の業種・業務を対象にするものではなく、一般のビジネスシーンにおけるすべてのパソコンユーザーと、中学校や高校、専門学校、大学・短大で情報教育を学ぶすべての学生を対象にしています。特定ベンダーのアプリケーションについての試験とは異なり、企業や学校で標準的に使われているソフトウエアやOS、環境などから問題が出題されます。また、状況判断問題のほか、疑似ブラウザー・疑似メーラーなどを用いての出題もあります。
この検定は、大学によっては入試優遇や単位認定としても利用されています。

級・レベル・上位資格

1級、2級、準2級、3級、4級、5級の6レベルがあります。
5級は初心者向けの無料試験です。インターネットを通じて利用できます。

職場・収入

この資格は仕事など必要な場面でパソコンをどれだけ使いこなせることができるのかを認定するものなので、取得によってある業種に就職ができるという種類のものではありません。しかし、ITスキルが常識となった現在では、部署や役割によって、それに相当する知識が必要とされます。3級以上は、ビジネスシーンでの活用を前提とされており、上位の級になると、スペシャリスト、ビジネスイノベーションリーダーとして活躍できるスキルが認定されます。

将来性

まったくの初心者から始めて、仕事などを通じてパソコンの使いこなし能力がレベルアップするごとに試験を受けてみて、実力をチェックすることができます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、1級の受験には2級の合格です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

CBT(Computer Based Testing)方式の試験です。
合否結果はすぐに表示されます(1級、2級以外)。一部アプリケーションを用いての実技試験もおこなわれます。
試験範囲:
<1級>プロフィシエンシー
<2級>一般問題、プロフィシエンシー、実技
<準2級、3級、4級>タイピング、一般問題、プロフィシエンシー、実技
<5級>一般問題

費用

<1級>10,000円
<2級>6,100円
<準2級・3級>5,100円
<4級>3,000円
<5級>無料(公式サイトからのWEB受験)
また、学割、P検アプリでの受験料は異なります。詳細は公式サイトを参照してください。

受験地

全国各地の認定試験会場(PASS認定校)

難易度

2016年度の合格率(社会人・大学生)は以下のとおりです。
<1級>26.7%
<2級>47.0%
<準2級>65.3%
<3級>79.2%
<4級>91.3%

スケジュール

試験日はPASS認定校によって異なります。公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎ICTプロフィシエンシー検定協会 P検事務局
〒162−0825 東京都新宿区神楽坂6−67 神楽坂FNビル8F
TEL:03−5229−0045
URL:http://www.pken.com/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR