アニメやゲームなどでCGを制作するプロのための検定

CGクリエイター検定

  • 就職・転職に有利
  • 在宅・パートタイム向き
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

CG(コンピュータ・グラフィックス)とは、コンピュータを使って画像を生成したり編集したりする技術のこと。実在しない空想の世界を描いたり、古代の生物の動く姿を再現したり、人体の中の細胞の仕組みといったミクロの世界を可視化したりすることができます。映画をはじめ、アニメーション、CM、テレビ番組、ゲーム、ミュージックビデオなど、CGの利用範囲はますます広がってきており、医療や学術分野にも活用されてきています。CGクリエイター検定は、CGを使って表現するデザイナー、クリエイターのための民間の認定資格です。

級・レベル・上位資格

試験はエキスパート(旧2級)とベーシック(旧3級)の2つのランクで実施されます。

職場

CG映像を制作する専門の会社に所属するか、フリーランスで活躍する人もいます。職種としては、CGデザイナー、CGアニメーター、CGモデラー(立体的な三次元形態をコンピュータで製作する)、ゲームクリエイター、デジタルアーティストなどがあります。

将来性

CGクリエイター検定は、特定の専門分野に偏らず、幅広い問題が出題されます。勉強すれば、CG制作のプロセスやプロジェクト管理法、最新技術のほか、数理造形、知的財産権といった周辺の知識も身につき、どこのCG制作の現場へ行っても通用する基礎力が養われます。入門者は<ベーシック>の受験から始めて経験を積んだ後、<エキスパート>を受験してキャリアアップに備えるとよいでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
<ベーシック>
2次元CGと3次元CG、デザインに関する基礎的な理解と、CGの静止画制作に知識を利用する能力を測ります。
出題範囲:CGとは/表現の基礎/2次元CGと写真撮影/3次元CGの製作/技術の基礎/知的財産権

<エキスパート>
3次元CGと映像制作に関する専門的な理解と、3次元CG映像の制作に知識を応用する能力を測ります。
出題範囲:実写撮影/映像編集/モデリング/リギング/CGアニメーション/シーン構築/プロダクションワーク/知的財産権/ファイル形式・規格/数理造形

費用

検定料:
<ベーシック>5,500円
<エキスパート>6,600円

受験地

46都道府県で実施

難易度

2016年の前期試験の結果は以下のとおりです。
<ベーシック>応募者数 1,469名、合格率 63.2%
<エキスパート>応募者数 835名、合格率 33.1%

スケジュール

年2回(7月・11月)
出願期間:4月初旬〜5月末頃・9月初旬〜10月中旬

お問い合わせ

◎CG−ARTS協会
〒104−0061 東京都中央区銀座1−8−16 銀座アスタービ3F
TEL:03−3535−3501
URL:http://www.cgarts.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR