マイクロソフト社のオフィス製品の使いこなし能力を認定

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS/MCAS)

  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

Microsoft社のオフィス向け製品の使いこなし能力を認定する試験です。約200ヶ国で実施されている国際的な資格であり、認定証も世界共通です。
試験はアプリケーションの種類とバージョンによって内容が異なります。アプリケーションの種類は、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookで、認定はそれぞれの試験ごとにおこないます。

級・レベル・上位資格

アプリケーションと、そのバージョンを指定しての認定ですが、WordとExcelのみ「スペシャリスト」「エキスパート」の2レベルがあります。
同じバージョンの異なるアプリケーションで既定の4科目に合格すると、「マイクロソフトオフィススペシャリストマスター」に認定されます。

職場・収入

オフィス製品のバージョンは変わりやすいため、永続的に評価を期待できるタイプの資格ではありませんが、基本的な機能が大きく変わることはないため、バージョンが変わるたびに認定を受け直さなくても、一定の評価は受けられるでしょう。特定の製品を対象にしたスキルという特徴があるので、その他の実務経験やスキル、または異なるタイプのITスキルなどを磨くことによって、より対応できる業務範囲を広げることができます。

将来性

パソコンスキルは、どのような仕事をする上でも必要とされる能力です。オフィス向け製品自体は扱うだけであれば、簡単に操作できますが、表計算機能を使用した帳票を作成したり、他部署からの情報をデータベースとして保管したりなど、業務の中で効率的かつ充分に使いこなせることが必要です。デスクワークをおこなう業務には、標準的に必要とされます。中でも普及率の高いMicrosoft社のオフィス向け製品での認定資格を持っていることは、充分に評価される対象となります。
また、職場でパソコンスキルの指導などをおこなうのであれば、取得によって能力が認められるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

コンピュータを使った実技試験(CBT試験)がおこなわれます。
試験内容はアプリケーション、バージョンによって異なります。詳細は公式サイトを参照してください。

費用

受験料(税込)
2013バージョン:10,584円(一例)
その他受験資格によって異なります。詳細は公式サイトをご確認ください。

受験地

全国各地

難易度

合格率は公開されていませんが、きちんと学習すれば上位資格であるエキスパート(上級)レベルの取得も難しくはありません。広い世代で取得されています。

スケジュール

毎月または随時
全国一斉試験(毎月1〜2回、いずれかの日曜日)と随時試験(各試験会場が設定した日程)があります。詳しくは公式サイトをご参照ください。

お問い合わせ

◎株式会社オデッセイコミュニケーションズ カスタマーサービス
〒100−0005 東京都千代田区丸の内3−3−1 新東京ビル
TEL:03−5293−1881(平日10:00〜18:00)
URL:http://mos.odyssey-com.co.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR