航空機・船舶・陸上の通信技術を駆使する

総合無線通信士

  • 専門技術を取得
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 AA 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

総合無線通信士は財団法人 日本無線協会が試験を実施する国家資格で、無線従事者資格のうちのひとつです。航空機や船舶といった無線局で、無線通信や電話の通信操作や無線設備の技術操作をおこなうために必要な資格です。
国家試験に合格して取得する方法のほか、総務省令で定めている無線従事者の資格と業務経歴をもっている人の場合は、認定講習課程を修了すると取得できます。

級・レベル・上位資格

1級から3級までの3レベルがあります。級によって、扱える無線局の範囲が定められています。
<第一級>すべての船舶(特に国際航海の船舶)、湾岸局、官公庁など
<第二級>船舶(GMDSS対象船舶以外)、海岸局、官公庁など
<第三級>小・中型漁船、漁業用海岸局など

職場・収入

海運会社や航空会社、電気通信事業会社などが主な勤務先です。漁業の無線協会や官公庁でも活躍しています。

将来性

総合無線通信士1級を取得すれば、航空機・船舶・陸上や国内通信・国際通信の区分なくオールマイティに扱えるため、就職先の幅が広がります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

試験については特にありません。

認定講習課程については以下のとおりです。
<第一級総合無線通信士課程・第二級総合無線通信士課程>
下位資格をもち、所定の業務経験が7年以上あること。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験(多肢選択式)がおこなわれます。
試験範囲は以下のとおりです。
<1級・2級>
無線工学の基礎、無線工学A、無線工学B、法規、地理、英語、電気通信術
<3級>
無線工学の基礎、無線工学、法規、英語、電気通信術

なお、学歴などにより一部科目の免除があります。

費用

試験手数料及び受験票等送付用郵送料:
<第一級総合無線通信士>18,852円
<第二級総合無線通信士>16,752円
<第三級総合無線通信士>13,152円

受験地

東京都、札幌市、仙台市、いわき市、長野市、金沢市、名古屋市、大阪市、広島市、松山市、熊本市、枕崎市、那覇市

難易度

2015年実施の試験結果は以下のとおりです。
<1級>受験者数 277名、合格者数 13名、合格率 4.7%
<2級>受験者数 156名、合格者数 9名、合格率 5.8%
<3級>受験者数 302名、合格者数 9名、合格率 3.0%

スケジュール

年2回。
受付期間:7月上旬〜下旬・1月上旬〜下旬、試験:9月上旬〜中旬・3月上旬〜中旬(数日間)

お問い合わせ

◎公益財団法人 日本無線協会 本部
〒104−0053 東京都中央区晴海3−3−3
TEL:03−3533−6022
URL:http://www.nichimu.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR