• e-資格&スキルガイド
  • TOEFL(Test of English as a Foreign Language)

英語圏の大学に留学するなら必須のテスト

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)

  • これから有望
  • 国際業務に有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)は、国際教育交換協議会が実施する民間の英語テストで、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)が開発しました。英語を母国語としない国や地域の人々がどれだけ英語でコミュニケーションできるのか、スキルを測るテストです。実生活で必要となる「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの力をテストします。
海外の大学・大学院に留学する場合にTOEFLの結果が必要となることでよく知られています。実際に、現在、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼすべての大学をはじめ、130カ国8,500以上の機関が入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。日本の大学では学内単位認定や、入試の優遇制度、海外派遣の学生を選考する目安として用いられています。
なお、日本ではインターネット版TOEFLテストのTOEFL iBT(Internet−based Test)のみがおこなわれています。

級・レベル・上位資格

TOEFLは、英語のコミュニケーション能力を数字で表すスコア制です。TOEFL iBTのスコアは、Reading(読む)、Listening(聞く)、Speaking(話す)、Writing(書く)の各セクション(1セクション30)の合計数で表されます。
このスコアはテスト日から2年間有効です。

将来性

現象傾向が見られつつも、未だ大学進学率が50%を超える日本では、高学歴者が増加しており、海外の大学・大学院で学んだキャリアの価値は高まっています。
英語圏へ留学するときには必須の資格であるTOEFLは、将来、国際的に活躍したいと考える人にとって最初のステップになるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、受験の際は受験要項(Bulletin)を理解し、同意しているとみなされます。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

コンピュータを使った試験がおこなわれます。
「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つのセクションで構成されています。テストセンターにて、すべてのセクションで1人1台コンピュータを使用して受験します。試験に必要な時間は4〜4.5時間です。
出題内容:
「読む」 選択問題、挿入問題、グループ分けをする問題など(60〜80分)
「聞く」 選択問題、表を完成させる問題など(60〜90分)
「話す」 Independent Tasks:好みと理由を問う問題など/Integrated Tasks:要約する問題(大学生活を想定)など(約20分)
「書く」 Integrated Tasks:要約する問題(20分)/Independent Tasks:意見に基づき作文する問題(30分)

費用

受験料:235USドル(受験日の7日前まで)、275ドル(受験日の4日前まで(オンライン)/受験日の前営業日17時まで(電話)、手数料40ドル含む)

受験地

全国各地。
詳細は公式サイトを参照してください。

難易度

試験はスコア制なので、合格ラインという意味での難易度はありません。留学や単位認定に必要なスコアについては、実施機関に確認してください。

スケジュール

ほぼ毎月。
各月の週末に3〜4日程度実施。詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎TOEFL®テスト主催団体
Educational Testing Service(ETS)
<Customer Support Center in Japan>
TEL:0120−981−925(フリーダイヤル/9:00〜17:00(日本時間)土日祝休)
URL:http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR