資格の種類について

資格は大きく分けて、「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3つに分けられます。信頼性や社会的認知度、そして試験の難易度にも差があるので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

国家資格

法律に基づいて、国や国から委託を受けた機関が、能力・知識・技能などが一定水準に達していることを認定します。国家資格には難関試験が多く、取得は困難ですが、もっとも社会的信用も高く、ダイレクトに職業につながる資格といえるでしょう。中には、シゴトを行うためには資格の取得が必 須である職業もあり、資格によってルールが違います。

業務独占資格

資格を取得しなければそのシゴトを行うことができない。(弁護士や医師など)

名称独占資格

有資格者でなければ、その名称を名乗ることができない。(中小企業診断士や栄養士など)

必置資格

特定の事業を行う際に法律で有資格者の配置が義務づけられている。(製薬メーカーにおける薬剤師、運輸業における運行管理者など)

≪主な国家資格≫
公認会計士/税理士/中小企業診断士/社会保険労務士/司法書士/行政書士/不動産鑑定士/宅地建物取引主任者/マンション管理士/管理業務主任者/情報処理技術者試験/通関士/知的財産管理技能検定/介護福祉士/保育士/通訳案内業/旅行業務取扱管理者など

公的資格

国家資格と民間資格の中間に位置付けられる資格です。主には、所轄省庁や大臣が認定した審査基準にもとづいて、地方自治体や公益法人、民間団体などが試験を行います。国家資格のように法律で規定されたライセンスではありませんが、社会的信用度や知名度の高い資格も数多くあります。資格を取得することで、一定の能力を証明することができ、就職や転職・キャリアアップに活用できます。

≪主な公的資格≫
秘書検定/ビジネス能力検定/ビジネス・キャリア検定試験/簿記検定/販売士検定/証券外務員資格試験/秘書技能検定/ビジネス実務法務検定/カラーコーディネーター検定/福祉住環境コーディネーター検定/ファッションコーディネート色彩能力検定/日本漢字能力検定など

民間資格

民間資格とは、民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて認定する資格です。TOEICなど国際的な基準によって認定されるものや、IT製品を販売する企業が、自社製品に精通した技術者を認定するベンダー資格なども含まれます。民間資格には法律による規制がないので、さまざまな資格が存在します。業界内では認知度が高くスキルの証明に有効な資格から、社会的な評価はほとんど得られないものまで幅広いので、民間資格を目指す場合は事前によく調べておきましょう。

≪主な民間資格≫
ファイナンシャル・プランナー/TOEIC®テスト/TOEFL®テスト/マルチメディア検定/CG検定/ロシア語検定/中国語検定/インテリアコーディネーター/インテリアプランナー/貿易実務検定/メディカルハーブ検定/ビオトープ管理士など

採用試験とは?

警察官や消防官、教員、そのほか国家公務員、地方公務員として働くためには、採用試験を受けなければなりません。
たとえば、警察官になるためには、各都道府県が行っている警察官採用試験に合格したのち、全寮制の警察学校で実務スキルを習得します。また、小学校で働くためには小学校教諭免許状という資格を取ってから、各都道府県や政令指定都市が実施する教員採用試験に合格し、はじめて小学校教員になることが出来ます。
国家公務員試験や地方公務員試験には区分があり、試験により職種や勤務先が異なります。

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR