徹底比較!とるなら、どっち? VOL.13「自転車技士」VS「自転車安全整備士」 バックナンバーはこちら

日本だけでも1,000種類以上はあると言われている、資格・認定試験。
そして、その中には「この資格とこの資格ってどこが違うの?」と悩んでしまう、よく似た資格も、たくさんあります。
このコーナーでは、名前が似ていたり、分野がかぶっていたり、一見しただけでは、どこが違うのかわかりづらい資格を、さまざまなアプローチから、比較していきます!
第13回目は「自転車技士」VS「自転車安全整備士」です。
最近、注目が高まってきた自転車に関する資格を紹介します。

どんな資格なの?

自転車技士:自転車の組立・整備を行う技術者 自転車安全整備士:点検・整備のほか、安全指導も担い、TSマークを添付できる資格

自転車技士は、サイクルショップなどで自転車を販売する際に組立・検査および整備を行う、自転車専門の技術者です。自転車の安全性を保障する「JISマーク」、「SGマーク」、「BAAマーク」のついた自転車は、自転車技士が最終的な組立や点検調整を実施することが定められています。また、この資格は5年ごとに更新が必要です。
一方、自転車安全整備士は、自転車の点検・整備のほか交通安全指導を担う資格です。点検・整備ののち安全性を確認した自転車に「TSマーク(傷害保険・賠償責任保険付)」を添付し、交通安全指導を行います。TSマークは自転車安全整備士資格保持者でなければ添付できません。
いずれもサイクルショップや大手量販店の自転車販売部門で働くためには、もっておいた方が有利な資格です。ふたつの資格はW資格をめざす人が多いため、同日に試験が行われ、実技試験は共通で実施されています。

自転車技士、自転車安全整備士の特長

  自転車技士 自転車安全整備士
認定団体 財団法人 日本車両検査協会 公益財団法人 日本交通管理技術協会
受験資格 ・18歳以上であること
・自転車の安全利用に関しての指導と自転車の点検整備について2年以上の実務経験があること
科目 ・実技:自転車の点検および整備の技術
・学科:自転車の組立・検査・整備にかんする知識
・実技:自転車の点検および整備の技術(自転車技士試験と共通)
・学科:自転車の構造・整備に関する知識、安全に関する知識
・面接:自転車の安全利用に関する指導の能力
試験地 北海道、宮城、埼玉、茨城、東京、千葉、愛知、滋賀、大阪、広島、香川、福岡(平成23年度)
スケジュール 年1回実施(例年、8月)
費用 自転車技士あるいは安全整備士の片方のみの受験 18,900円(税込)
自転車技士・安全整備士の双方の受験 26,250円(税込)

どうやって勉強すればいいの?

自転車技士:過去問題はWEBサイトでチェック! 自転車安全整備士:教材・問題集を活用しよう

自転車技士と自転車安全整備士の実技試験は共通となっており、指定された仕様の新車(市販のスポーツ車またはマウンテンバイク)を7分組の状態から分解および組立が試されます。
また、どちらかひとつの試験だけを受験することもできますが、2つの試験を同時に受験することも可能です。
自転車技士の試験では、実技のほか学科試験があります。学科試験では、自転車組立、検査及び整備に関する基礎知識が問われます。
自転車安全整備士の試験には、実技と学科、面接があります。学科試験では、自転車の構造および機能に関する知識、自転車の点検整備に関する知識、自転車の安全利用の指導に関する知識について出題されます。面接試験では、自転車の安全利用に関する指導の能力が問われます。
いずれの試験についても、教材・問題集は実施団体のWEBサイトから購入することができます。また、自転車技士試験の過去問題の一部はサイトでも公開されています。

難易度は?

自転車技士:学科試験の攻略が、合格の鍵! 自転車安全整備士:実技試験をクリアできれば、学科は比較的容易

平成23年度自転車技士試験結果の合格率は58.9%でした。例年、実技の合格率は概ね7割前後から8割ですが、学科試験の合格率は6−7割となっており、学科試験の攻略が重要であることがうかがえます。
一方、平成23年度の自転車安全整備士試験の合格率は70.5%です。学科と面接の合格率が9割以上と高く、実技試験で不合格となっている人がほとんどです。 

自転車技士試験・自転車安全整備士試験の合格率の推移

出典:財団法人 日本車両検査協会/公益財団法人 日本交通管理技術協会

取得後の活躍の場は?

自転車で通学・通勤する「ツーキニスト」や、サイクリングを愉しむ人が急増し、空前の自転車ブームが起こっています。サイクリングショップも増え、大手量販店やディスカウントショップ、デパートなどでも自転車販売部門を拡大する動きが目立ってきました。
自転車の販売に資格は必須ではありませんが、自転車技士や自転車安全整備士に対するニーズは高く、就職・転職には有利で、資格手当てが支給される場合もあります。自転車にかかわる仕事がしたいなら、ぜひ取得したい資格です。

POINT!

2011.11.30 up!

  • 自転車技士
  • 自転車安全整備士

バックナンバー

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR