• e-資格&スキルガイド
  • 徹底比較!とるなら、どっち? VOL.10「Webデザイナー検定」VS「Webデザイナー試験(Web検定)」

徹底比較!とるなら、どっち? VOL.10「Webデザイナー検定」VS「Webデザイナー試験(Web検定)」 バックナンバーはこちら

日本だけでも1,000種類以上はあると言われている、資格・認定試験。
そして、その中には「この資格とこの資格ってどこが違うの?」と悩んでしまう、よく似た資格も、たくさんあります。
このコーナーでは、名前が似ていたり、分野がかぶっていたり、一見しただけでは、どこが違うのかわかりづらい資格を、さまざまなアプローチから、比較していきます!
第10回目は「Webデザイナー検定」VS「Webデザイナー試験(Web検定)
Webサイトをデザインする、2つの資格を紹介します。

どんな資格なの?

Webデザイナー検定:現場で活かせるWeb制作全般に必要な知識を試験する Webデザイナー試験:偏りのない標準的なWebデザイン知識について試験する

若い世代には人気の高いWebデザイナー。ただし、Web表現の技術進歩は早く、環境の変化が大きかったり、現場ごと・プロジェクトごとに用いられる知識や進め方が異なるという部分もあります。
Webデザイナー検定は、Webデザインを手がけるために必要な、コンセプトの考案から制作後の運用までの知識と技術をもっているか、試験します。Webデザインだけでなく、Web制作プロジェクトを進めるときに使う知識を広く出題しています。
一方、Webデザイナー試験は、ビジュアルデザインや色彩、情報アーキテクチャーなどといったWebデザインについて、実際の仕事で活かすことができ、偏りのない標準的な知識をもっているかどうかを試験しています。
Webデザインの仕事につくために資格は必須ではありませんが、試験に合格すれば仕事のベースとなる力がアップし、担当する仕事をよりスムーズにこなすことができるようになります。

Webデザイナー検定、Webデザイナー試験の特長

  Webデザイナー検定 Webデザイナー試験
認定団体 財団法人 画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会) 株式会社ワークスコーポレーション
受験資格・年齢制限 特になし 特になし
受験内容 筆記試験(マークシート方式)
「ベーシック」「エキスパート」の2レベルにわかれる。出題範囲は、表現の基礎、制作準備、Webサイトの制作と運用、知的財産権
コンピュータを使ったCBT方式。
出題範囲は、Webサイトの規格・設計・制作(デザイン・実装)
試験地 全国各地(約200会場) 全国各地(約200会場)
スケジュール 年2回の実施(例年7月。11月) 毎日(ただし会場によって異なる)
費用 「ベーシック」4,500円
「エキスパート」5,500円
16,800円

出典:CG−ART協会/株式会社ワークスコーポレーション

どんな人におすすめですか?

Webデザイナー検定:Web制作プロジェクトに関わる人 Webデザイナー試験:広くWebに関連した仕事をする人

どちらもWebデザイナーをしている人、これから志す人にはおすすめの試験です。
Webデザイナー検定では、ベースの力を伸ばすために会社が奨励し、ベーシックを取得している例があります。また、エキスパートでは、Web制作プロジェクトのメンバーとなるWebエンジニア、プロジェクト・マネージャーなどWebデザイナーと一緒に働く人が、プラスαの知識を身につけるために受験することがあります。
Webデザイナー試験は、学生などWebデザインの初心者のほか、Web制作はしないけれども、仕事をするうえでWebデザインの基礎知識が必要になる人も試験対象としています。

難易度は?

Webデザイナー検定:エキスパートの難度は高め Webデザイナー試験:例年50%ほどの合格率

Webデザイナー検定は、2009年から2レベルでの実施になりましたが、その後、エキスパートは難度が上がりつつあります。平成22年度後期試験の合格率は、ベーシック60.3%、エキスパート27.3%と、レベルによって大きな差があります。
Webデザイナー試験の平成22年度合格率は、55.9%でした。年によって若干変動はありますが、累計での合格率は53.9%と例年ほぼ半分の受験者が合格しています。

Webデザイナー検定の合格率(過去5回)

どうやって勉強すればいいの?

両方とも試験範囲に対応したテキストや問題集などが発行されているので、これらの書籍を活用し、独学で取得することも十分可能です。また、教育認定校や認定講座などで学ぶ方法もあります。

取得後の活躍の場は?

どちらも資格によって仕事が保証されるわけではありませんが、目的にあわせて資格を取得すれば、現在のスキルを高めるだけでなく、仕事の幅を広げることができるでしょう。また、これからWebデザインを目指す人にとっては、基盤となる知識を備えていることを証明できます。

POINT!

2011.8.30 up!

  • Webデザイナー検定
  • Webデザイナー試験

バックナンバー

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR